妊娠の確率を高める方法は?20代・30代・40代と年齢別に紹介!

このページでは、妊娠したいプレママさんにとって、何をすれば赤ちゃんを授かる事が出来るのかについて説明していきます。

  • 20代の方法
  • 30代の方法
  • 40代の方法

それぞれに分けて検証していきますね。

↓ 妊娠に大事な栄養素をサプリでとりたい方はこちら ↓

おすすめ葉酸サプリはこちら!

妊娠の確率を高めるには?20代のプレママさんは何をすれば良い?

早いうちから妊活するほど思い通りの出産になります!

20代のプレママさんがするべき事とは?

20代前半〜20代後半は、体力的にも無理がきき卵子も元気です。
つまり妊娠する確率がかなり高い=妊娠力が高い頃と言うこと!
赤ちゃんを出産するには、20代が最も妊娠する時期に相応しいといえるでしょう。

 

自分が赤ちゃんを出産するのはいつが良いのか?
赤ちゃんが欲しい方は、パートナーとしっかりと話し合っておく必要があります。
最初のページでも紹介しているように、妊娠する為の活動を「妊活」と言います。
早いうちから時期を決めて実行すれば比較的思い通りの出産になりますが、年齢を重ねるとだんだん確率が下がっていき難しくなっていくんです。

 

20代でも意識して赤ちゃんの為の体作りをしましょう!

20代のうちに子供を出産する方法としては、妊娠しやすい体質にする事が大切です。
それには、身体の体温を上げる為の工夫が必要!
まずは、自分の体温を高めの体温に保ちましょう。
また、早寝早起きのリズムをしっかりと整え、食生活を見直しておく必要があります。
その為にも、葉酸やマカのサプリメントを上手く活用し、妊活に向けての体作りを始めていくようにしましょう。

 

いつでも産める体制を整えておきましょう

20代では、妊娠の予定や計画を立てないうちに、自然妊娠してしまったという方も少なくありません。
また、つわりなど妊娠のサインに気付かずにアルコールや煙草を吸ってしまうという事はよくあるパターンのようです。
妊娠して赤ちゃんを出産したいのであれば、妊活をスタートすると同時に赤ちゃんにとってベストな生活習慣を心がける必要があります!

 

20代で妊娠して出産するのにも、

自分の体としっかり向き合うこと
妊娠しやすい環境を作るため、パートナーと協力すること

これらは必要不可欠!
とはいえあまり神経質にならず、楽しい妊活を目指して極力ストレスをためないような生活を送りましょう。

 

出産の準備資金と準備品はどうするべき?

あらかじめ貯金をしておきましょう!

妊娠してお産するとなれば、妊婦健診や入院費用がかかります。
入院したいと思う病院を探して、出産にかかる費用を予め見積もっておき、必要な費用を貯蓄しておけたら安心ですね…!

 

↓ 妊娠に大事な栄養素をサプリでとりたい方はこちら ↓

おすすめ葉酸サプリはこちら!

30代のプレママさんが妊娠する確率を高める方法とは?

30代のプレママさんがするべき事とは?

妊娠にも適齢期があり、30代はまさに「妊活の好機」といわれています。

30代のプレママさんがやるべきことその1・基礎体温を測ろう

30代のプレママさんで妊娠しやすい方の特徴は、「生理が順調にきて冷え性のない」と言うこと!

冷え性を改善したい方は、下記のページで改善方法を検証していますのでぜひ読んでみて下さい♪
【冷え性でも妊娠の確率を高めたい!ひえの影響や改善方法検証!】

 

「妊娠しやすい」と言う定義だと、年齢的には30代前半までです。
2012年から2015年までの人口動態調査によれば、第1子出生時の母の平均年齢が約30.3歳といわれており、年齢が少しずつ上昇しているとされています。
30代後半になると妊娠しにくくなる傾向が高まります。
しかし、基礎体温を測る事で排卵日という「妊娠しやすい時期」を知る事が出来ます。
妊娠しやすい時期は排卵日の2日前といわれ、30代の女性は約30%の確率で妊娠するという傾向があるようです。
排卵日に合わせた性交渉をする事をタイミング法といい、これを行うと妊娠の確率を高めやすいんですね。
毎朝、枕元に体温計を置いて基礎体温を測る事は地道ですがとても大切ですよ。

 

30代のプレママさんがやるべきことその2・ストレスのない規則正しい生活を送る

30代で妊娠を希望される方も、前述の20代と同じようにストレスのかからない規則正しい生活を送るようにしましょう。
妊娠を成功させる方法としては、様々なことをあまり深刻に考えこまず、リラックスして妊活に取り組む事が大切。
また、疲れた時はしっかりと休息をとって以下のことを習慣づけましょう。

妊娠に悪影響とされるお酒を控える
バランスの良い食生活を心がける
早寝早起きを心がけてる

 

30代のプレママさんがやるべきことその3・自分もパートナーも追い詰めない

30代で妊活を行う上で、なかなか妊娠できないと

  • 「自分に問題があるんじゃないか…」
  • 「パートナーが協力的でない…」

など考えがち。
卵子の状態や年齢的な問題で気持ちが焦ると、ストレスがたまりやすくなるものです。
30代に限らずですが、妊活の最大の敵は、こうした日常生活によるストレスからくるもの!
30代で妊活を成功させる為にも、妊娠に関する正しい知識を高めて、パートナーとの意識をシェアしていく事が大切です!

 

↓ 妊娠に大事な栄養素をサプリでとりたい方はこちら ↓

おすすめ葉酸サプリはこちら!

40代のプレママさんが妊娠する確率を高める方法紹介!

40代のプレママさんがするべき事とは?

妊娠する確率が落ちがちではありますが、赤ちゃんを産んで育てるのに万全な状態が整っているとも言える40代。
では40代で赤ちゃんを授かるには何をするべきなのでしょうか?
どんな方法があるのでしょうか?

卵活のすすめ

40代になると、妊娠する確率が20代30代に比べて下がるといわれています。
その理由としては…

  1. 卵子の老化
  2. 着床率の悪さ
  3. ストレス

これらが原因になる要素として挙げられます。

 

まず、妊娠・出産を意識した時点で出来るだけ若いうちに卵子の採取をしておく事をおすすめします。
これを卵活と言います。
卵活のメリットは、若いうちに卵子を採取して冷凍保存しておく事により、いつでも妊娠できるように準備を整えておけること。
最近では産婦人科学会でも働く女性が利用出来るとして、卵子の凍結技術も認められているそうですよ。

 

妊娠しやすいものを摂取しよう!

ザクロジュース

妊娠力を高める飲み物・ザクロジュース!

ザクロの種には女性ホルモンと似たエストロゲンが含まれており、血管を広げる働きのあるポリフェノールが含まれています。
女性がザクロのジュースを飲む事で、冷え性や不妊・生理不順などの改善に効果が期待されていますよ。

豆乳

妊娠力を高める飲み物・豆乳

豆乳にはイソフラボンが含まれています。
皆さんもご存知の通り、イソフラボンも女性ホルモンに似た働きをします。
また、女性が豆乳を飲む事で不妊治療による効果があるとされています。

最近では、紀文などからバナナ味・苺味・抹茶味など様々な風味が展開されています。
豆乳が苦手な方も飲みやすくなっているので、苦手意識がある方も挑戦してみて下さい。
豆乳鍋やお味噌汁、パスタなどお料理に取り入れるのも良さそうですね♪

漢方

妊娠力を高める飲み物・ザクロジュース!

女性の不妊治療に効く漢方として有名なものに、「当帰勺薬散(とうきしゃくやくさん)」「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」などが挙げられます。
また、男性の不妊治療には、精子の状態を良くする作用のある「補中益気湯(ホチュウエッキトウ)」という漢方薬がおすすめです。
漢方は個々の体質によってあうあわないがありますので、産婦人科などで相談をして漢方を利用しましょう。
不妊治療に関して漢方を中心に取り組む病院もあるようですよ。

妊娠しやすい体操・運動を心がけましょう

40代の不妊に悩む方の多くは、ベリーダンスやホットヨガに通います。
最初のページにもありますが、40代のプレママさんはこうした妊娠しやすい運動を心がけることが必要です。

 

ベリーダンス

ベリーダンスには、腰を動かすダンスですので、骨盤の血流が改善される事により、不妊にも効果的といわれています。

ホットヨガ

ホットヨガには、不妊治療や婦人科系の病気を治療する効果があるといわれています。
ただ通いすぎると体力を消耗し過ぎることもあるようなので、週1回から2回を基本に通うのが良さそうです。

 

↓ 妊娠に大事な栄養素をサプリでとりたい方はこちら ↓

おすすめ葉酸サプリはこちら!

まとめ

妊娠力を高めよう!

いかがでしたか?
このページでは妊活の中で行うべきこと・意識した方が良いことを、年代別に紹介しました。
どの年齢にも共通して言える大事なことは

  • 基礎体温を含め、自分の体調をしっかりと把握すること
  • ストレスをためないよう日々精神面もメンテナンスしていくこと

これらのようです。
上記にあわせて、このサイトで紹介している運動やサプリなどを取り入れて、気持ちに負荷がかかり過ぎないようにしながら妊活に取り組んでいきたいものですね。